FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジィールさんの展示会

CIMG3414_convert_20090426183712.jpgCIMG3415_convert_20090426183823.jpg


ル・グルニエの上のギャラリーで24日から開かれている、ジィールさんの展示会。
初日からたくさんの方に来ていただいているようです。
私も今日、母の日のプレゼントを選びに行ってきました。
ジィールのオーナーの鈴木さんはあいにくいらっしゃらなかったのですが、
とてもかわいらしいスタッフの方から、いろいろ教えて頂きながら、迷いに迷って、、、。
ジィールさん独特のシックな色合いのリース達の中から、義理の母には、グレイがかったうす紫色のドライのあじさいのリースとキャンドルのセット。
実家の母には、ブルーとグリーンの混ざったドライのあじさいのリースを。

CIMG3416_convert_20090426183913.jpg

個人的には、写真のような黒いあじさいのリースが素敵だと思ったのですが、
年配の母達には少し色味がある方がいいかな?と思ったり。
花を選ぶというのはいつも楽しいものですが、今年の母の日のお花選びは、格別に楽しい時間となりました。
グルニエのサイトのイベントページで、詳しい写真など載せていますので、そちらもご覧下さい。私はリースがとても好きなので、リースばかりの写真となってしまいました。
スポンサーサイト

北野坂の樹 その3

CIMG3413_convert_20090422191031.jpg

またまた一週間が経ちました。
若葉が樹全体に広がり、鮮やかな黄緑色がまぶしいほどです!
一年の中で、見応えのある季節の一つでしょうか。

いつも定休日のひっそりとした店内から、樹を見るのが楽しみです。

至福のひととき



 先日、展示会などで東京に出張だったので、グルニエのスタッフと共に、念願のラデュレを体験してきました。我らがフランス文化講座の講師、yokoさんの職場でもあり、次回の講座のテーマの相談も兼ねて、、、というより何より、行ってみたかったのです。
 マリー・アントワネットをテーマにしたというその空間は、とにかく素敵な場所で、ゆったりと時間が流れているような錯覚に陥るほど。ただひとつ残念だったのは、窓から見える景色がまさに「日本」そのものだということ。ここからパリの街並が見えたら、、、などと思うのは贅沢以外の何ものでもないかもしれません。
 その日私がいただいたのは、ピンク色のお皿に黄緑色が映えるピスタチオのサントノーレ。グルニエの女の子はローズのサントノーレで、それは黄緑色のお皿に乗せられていました。ラデュレカラーの美しい色のハーモニーには本当に感服です。おいしくておいしくて、幸せな気分でした。

次回のテーマは、久しぶりに小さな絵本の翻訳。パリに住むおばあさんのお話です。
怠け者の生徒たちなのでなかなか宿題をこなせず、またしてもゆっくりと進むのだろうと思われますが、やはりフランス語の原文の購読は深みがあって、とても勉強になります。
しばらく楽しい宿題が続きます。

成長を阻む、、、



最近、相方が畑を借りてプチ農業に目覚めたので、家のベランダでもルッコラとズッキーニの苗を育てています。私と娘達は、もっぱら枯らさないように水をやったり大雨の日には家の中に入れたり、、、程度の手伝いなのですが、実はもっと恐ろしい天敵が、、、。
うちの末娘、ラブラドールのミルがとにかく葉っぱが大好きで、ベランダに出るたびに、すきを見ては出て来たばかりの若葉を食べようとねらっているのです。
ベランダに出る時は、必ずひとりミルの見張り番を立て、目を光らせている毎日です!!
犬はおなかの調子が悪い時によく葉っぱを食べると聞いていましたが、ミルの場合は毎日散歩に出るたびに雑草をくちゃくちゃと食べているので、どう考えても食い意地が張っている?としか思えません。庭のチューリップも球根の時から被害を受け、ちゃんと開花したのはわずか半分!!でした。
これから実をつけるだろう、イチゴやブルーベリー、、、ちゃんと人間の口に入るように、天敵と戦わねば!! 見張りの日々は続きます。

北野坂の樹 その2



前回の写真から一週間経ちました。

ご覧の通り、黄緑色の若葉がいっぱい出てきました!
一週間でこんなに景色が変わると、なんだか楽しくなりますね。
暑い日も寒い日も風雨にさらされながらも、樹々は力強く生きてるなあと改めて思います。
これからも時々、変化をお知らせします。

話は変わるのですが、日曜日に大阪のディエチさんの奥の部屋で開かれていた、ミヤワキさんの古道具市に行ってきました。行かれた方もたくさんいらっしゃったかと思います。
三日目だったので、きっといいものは売れてしまっていたかと思いますが、相変わらずポテンシャルの高い古道具が並べられていて、ミヤワキさんと楽しくおしゃべりをしながら、素敵なひとときを過ごしてきました。写真を撮るのをうっかり忘れていて残念!
また冬に、グルニエの上のギャラリーでお世話になります。
大阪と神戸で、年に2回、ミヤワキさんの集められたものを見る事ができるのは、関西以西に暮らす人には、とてもうれしい事ですよね!また詳細が決まりましたらお知らせします。
about

owner

author : owner
トリトンカフェル・グルニエビエのオーナーによるブログです。

back number
category
link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。